投資マンションで人生変わる【ガツガツ投資生活】

貯金箱

公務員は優遇されます

どんな優遇措置があるのか

不動産

公務員によっては、不動産投資というよりも投資もしくは副業が禁止されているところが多くあります。ですが、相続などによって不動産を取得してしまうケースにより大家となる場合があります。そんな場合の対策もされているので就業規則の確認をする必要があります。 ほとんどのケースの場合、青色確定申告の基準となっている5棟10室基準となる法人の申告までなら運営していいというものがあります。基本的にやってはいけないというところもあるのできちんと確認しましょう。 運営自体がだめなのかということですが、自宅を開放させるということであれば良くなります。また、家庭の事情によってお金が必要なのだということを説明すれば話が通る時もあります。

不動産投資をする上で公務員はローンを組むときに優遇されます。基本的に不動産投資は職業属性を優遇するので公務員が一番上になり、大企業、中小企業、パート、アルバイト、主婦などになってきます。公務員は社会的に信用力があるため、不動産投資には優遇されると言ったことになっています。 不動産投資を行う上で、区分所有、一棟所有、戸建て所有、アパート所有など様々なジャンルがあるのですが、このジャンルにも公務員にとっては敷居が低くなっています。中小企業に勤めている会社員よりも優遇され、年収が年功序列になっているので安心して借りることができるようになっています。 確定申告を行わなければならないため、職場内でも大いにやっているということを話し内容が得策になってきます。