投資マンションで人生変わる【ガツガツ投資生活】

貯金箱

注意点の把握を

不動産投資の注意点について

ビル

公的年金制度は受給者に不利な形での改正が続いており、老後の経済事情に不安を抱えている人は少なくないといわれています。今後はこれまで以上に個人単位で資産運用を真剣に考えていく必要がある時代になるといわれています。資産運用の方法としては、株式投資を思い浮かべる人も少なくありませんが、近年のリーマンショックの事例を持ち出すまでもなく、株式投資は小さくない価格変動リスクがあります。それ以外の投資先としては、不動産投資を行い賃料収入を得るという手法もあります。賃貸アパート等を取得し、家賃収入によって利益を得ることを目指す手法です。家賃相場は株式相場よりも価格変動リスクが小さいというメリットがあります。しかし、不動産投資を行うにあたっては、流動性が株式ほど高くないため、即座に転売することが難しいという点には注意が必要です。

物件探しのポイントについて

不動産投資を始めるにあたっては、家賃収入から得られるであろう利回りを十分考慮したうえで物件を購入することが重要になります。また、今後日本は人口減少社会を迎えることから、物件を購入する先の人口動向にも注意を払う必要があります。築年数の古い物件であっても、リフォームを施せば見た目の印象がアップし、入居者を獲得しやすいという状況があります。築年数の古い物件は安い値段で購入できる可能性が高いため、立地は良いものの築年数の古い物件を取得し、自らリフォームを行うという投資手法もあります。不動産投資を効率的に行うに当たっては、情報収集が一番のポイントとなるため、信頼できる不動産業者を見つけて投資を行うことも重要になります。